パパウォッシュ公式オンラインショッピング

パパウォッシュのイー・エス・エス、千葉です。

早いもので、9月もあと1日ですね。
最近乾燥が気になり出したので、シートマスクを使い始めることにしました(^^)

さて、今日は、”こだわり抜いた品質“と”お求め安い価格“を実現したウィッグ、Ladonnaのお話です。



ラドンナビューティサロン新宿店、店長の峯岸です。

今回は、ウィッグのアレンジ方法についてお話したいと思います!

ラドンナ部分ウィッグの中一番人気のある『ナチュラルショート30』は、ショートカットの方はもちろんのこと、ロングヘアの方にも広くご愛用いただいています。

カタログホームページをご覧になった時点ではモデルさんもショートスタイルなので想像しにくいかもしれません。

でも、だんだんと髪が細くなり、頭頂部や分け目が気になる方には本当にオススメの部分ウィッグなのです!

「ほどよい毛量感で着けた感じがしないほど軽くて自然ね」とのお声を多くの方から寄せられ、同じウィッグを2個ご購入される方も。

というのも、1個を使い続けるより、2個を交互に使うことでウィッグを長くキレイな状態を保つことができるのです。

 

ちなみに、こちらの池上さんも『ナチュラルショート30』の部分ウィッグをトップに着けています。
本当に自然でお似合いですよね♪

実際に、新宿のラドンナビューティサロンでは、ロングやショートボブの方にもアレンジして使っていただいているので、皆さんにもこんな使い方ができることをご紹介します!

 

ひとつにまとめてみる(ハーフアップ)
耳の両脇から頭頂部に向けて毛束をつくり、ヘアゴムまたはピンで留めます。

ロングヘアの方も同じ要領でまとめます。

頭頂部はもちろん、自毛がペタっとなりがちな後頭部にも自然なボリュームが出て、ふんわりと若々しい印象に。
※赤い点線部分がウィッグ装着部分になります。

お辞儀をした時にも気になりません。

意外とお辞儀をした時や、電車に座っている時に視線を感じている方も多いのでは?

自分では、頭頂部はあまり見えないのですが、エスカレーターに乗っている時にも気になってしまうことありますよね。

『自分のことはそんなに見ていない・・・』と思いながらも、一度自分自身が気になってしまうと、どうしようもなく気になってしまうもの。

私も同じような悩みを抱えていたひとりでしたが、ウィッグの仕事に携わるようになり、部分ウィッグを着け始めてから、今ではウィッグなしでは何か忘れ物をしてきたような感覚で身体の一部になっています。

新宿のサロンへいらっしゃる方も、『なんでもっと早く来て試さなかったのかしら・・・』と言っていただくことが多いのです。

大半の方はウィッグのお店は『値段がわからないので入りづらく、はじめの一歩がなかなか踏み出せなかった。』という印象をお話しくださいます。

年を重ねると髪質も変わり、なりたいヘアスタイルに自毛だけでは難しく感じてくることもあります。

そんな時のワンアイテムとしてウィッグを気軽に取り入れてみたい!と思っていただけるよう、いろんな角度からウィッグ活用法を発信していきますので、次回もお楽しみに!

 


以上、峯岸でした!

コメントをどうぞ

*本企画の趣旨から外れたコメントは、掲載させていただくことができません。予めご了承ください。

PAGETOP