パパウォッシュ公式オンラインショッピング

パパウォッシュのイー・エス・エス、千葉です。

週末、顔も首も日やけ止めをバッチリ塗ってお出かけをしたのですが、家に帰るとデコルテ部分が真っ赤に(∩д∩)!

なんと!うっかり塗るのを忘れていたのでした…。

髪をまとめた時などは首や耳の後ろも忘れがちなので、皆さまもお気をつけくださいね!

 

さて、日やけ止めといえば、先日美容相談窓口にこんな質問がありました。

担当した佐藤からご紹介します♪


「赤ちゃんや子供にも使える日やけ止めはありますか?また、どのように落とせばいいのでしょうか。」


紫外線が肌に与える影響については勉強されているママが多く、赤ちゃんのうちから日やけ止めを塗ることは、いまや常識のようです。

ただ、乳幼児の肌は薄く、バリア機能が不十分で刺激に弱いため、日やけ止め選びには慎重になりますよね。

乳幼児に限らず肌のデリケートな方も、長時間肌にのせておく日やけ止めは、負担の少ないものを選びたいものです。

そこでおすすめなのが、「UVプロテクト35」。

合成の紫外線吸収剤は使用せず、紫外線散乱剤を配合することで、紫外線を効率よく反射・散乱させる仕組みです。

SPF35PA++なので、海水浴やプール、屋外での激しいスポーツ、といった状況でなければ十分に対応できるでしょう。


無香料タイプですが、日やけ止め特有の嫌な臭いがなくベタつきや粉っぽさもないので、顔にも身体にも、ご家族皆さんで使っていただけるかと思います。


そして、落とすときは、乳石けんやボディソープにパパウォッシュを混ぜて、丁寧に洗っていただくとよいでしょう。


ちなみに、実は私も大のファンで、何本リピートしたか分かりません!

毎日使っているといっても過言ではなく、【UVプロテクト35化粧下地ファンデーション】、忙しい時は【UVプロテクト35ファンデーション】と使っているのですが、日中のテカリがなくなって、ファンデーションとの相性もいいようです。

キメを整えてくれるので、フェイスパウダーで仕上げるだけでも休日メイクが完成しますよ。


なお、メイクアイテムを重ねた場合は、クレンジングをお使いになるとよりスムーズです。

コットンに含ませてサッとふき取ることのできる大容量クレンジングウォーターNなら、顔にも身体にも手軽に使えるので、1本持っておくと重宝しますよ♪


以上、佐藤からでした!

小さい頃から紫外線対策をしていれば、きっと大きくなっても美肌が保たれるのでしょうね(*^^*)

真っ黒になって遊んでいた私としては、ちょっとうらやましく思ってしまいました☆

コメントをどうぞ

*本企画の趣旨から外れたコメントは、掲載させていただくことができません。予めご了承ください。

PAGETOP