パパウォッシュ公式オンラインショッピング

パパウォッシュのイー・エス・エス、須釜です。

 

ESSユーザーの方は日頃からスキンケアには余念がないと思いますが、意外と忘れがちなのが頭皮のケア

 

頭はいくつかの筋肉で覆われていて、筋肉が硬くなるとリンパや血液の流れが滞り、疲労物質などの老廃物が溜まってしまいます。

すると、頭皮とつながる顔回りの筋肉が動きにくくなり、シワやたるみだけでなく目の疲れや肩こりの原因にも…

さらに、髪の毛の材料となるたんぱく質や酵素は毛細血管から酸素や栄養を受け取っているため、血行が悪くなると白髪や抜け毛にも直結します。

日頃からマッサージをして、トラブルを未然に防ぎましょう。

 

\お悩み別のマッサージポイントをご紹介!/

◆肩こり・食いしばりが気になるなら…

側頭部のもみほぐし

①耳が手のひらの中心になるように指を開き、側頭部にあてます。

②指先で髪をかき分けて、指の腹で頭皮に触れます。

③側頭筋を持ち上げるように、親指以外の4本の指で頭皮を上に持ち上げます。

④ゆっくり指を緩めます。 ※③と④を何回か繰り返しましょう。

 

 

◆腰痛や目の疲れが気になるなら…

後頭部のもみほぐし


①両手の5本の指で、後頭部の頭皮を細かくつまみほぐします。

場所を変えながら後頭部全体をほぐしていきます。

②耳後ろの左右で少しくぼんだ部分は眼のツボ。人差し指と中指を当てたまま、押し回します。

 

◆慢性疲労やストレスが気になるなら…

頭頂部の角のもみほぐし

①髪をかき分けて、頭皮の角張っている部分に中指の腹をしっかりあてます。

②残りの4本の指を開き、髪をかき分けて頭皮に当てます。

③角張った部分を頭の中心(正中線)に寄せるイメージでしっかり押します。

④ゆっくり指を緩めます。 ※③と④を何回か繰り返しましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

きれいな肌や髪を保つためにも、スキンケアの流れで頭皮もマッサージするように習慣づけましょう!隙間時間を使うのもよいですね。

以上、頭皮のセルフマッサージをご紹介しました(*^-^*)

コメントをどうぞ

*本企画の趣旨から外れたコメントは、掲載させていただくことができません。予めご了承ください。

*コメントは承認の後表示されます。

PAGETOP