パパウォッシュ公式オンラインショッピング

パパウォッシュのイー・エス・エス、須釜です。

 

夜になっても冷房なしでは辛い季節になりました。

24時間冷気に晒された肌は、皮膚温が下がり、巡りや代謝も滞ってしまいます。さらに外に出れば紫外線を浴び、「夏の間に肌は3歳老ける」とも言われるほどダメージの多い季節・・・

過酷な夏に透明美肌を守るには、美白だけでなく肌温活も必要なのです!

 

そこで活躍するのが、先日発売になったばかりの新製品「ヒートブースター」。

皆さまはもうお使いになりましたか?

今日は、基本の使い方だけでなく+αで実践したいスペシャルな使い方もご紹介させていただきます(・∀・)ノ

 

まず、通常の使い方です。

パパウォッシュ洗顔の後、肌の水気をふき取ってから、手のひらに2プッシュのヒートブースターを取ります。

 

両手の平にのばし、手のひら自体も温めてから顔全体に塗り広げます。

 

ヒートブースター自体が水分の通り道になりますので、その後は時間を置かずに化粧水や美容液、乳液等でお手入れをしてください。

 

 

◆特別編① 暑くてお手入れしたくないな、という時

基本のケアがおすすめではありますが、「お風呂上がりは暑くてお手入れする気になれない・・・」ということもあるかと思います。

そんな時は顔全体に使わずに、マスクでダメージを受けている部分を中心にケアしましょう。

1プッシュ分を手のひらにのばして顔の下半分に軽くのばし、人差し指と親指を「ヤッホー」の形にし、ほうれい線部分を押さえるようにしてプッシュします。

ほうれい線の下には太い血管があるため、血流がよくなり顔色も明るくなりますよ

 

 

◆特別ケア編② さらに巡りを高めたい時

リモートワークなどにより汗をかく機会が減っていたり、肌の冷えが特に気になる時は、入浴前にヒートブースターをひと塗り

お風呂の水圧により身体全体の血行が促され、ヒートブースターの温活効果を後押ししてくれます。汗をしっかりかきたい時にもおすすめです♪

※ヒートブースターが目に入らないようにご注意ください。

 

いかがでしたでしょうか?

ぜひ色々な使い方を試してみてくださいね。

以上、ヒートブースター使用方法のご紹介でした(*^^*)

 

コメントをどうぞ

*本企画の趣旨から外れたコメントは、掲載させていただくことができません。予めご了承ください。

*コメントは承認の後表示されます。

PAGETOP